清心女子ロゴ
充実した毎日を過ごしながら、素敵な女性になるための知性と教養を育んでいきます。
アクセス サイトポリシー


image01

学校紹介 清心女子高校とは 校長あいさつ 沿 革 制 服 アクセスマップ
 
image2
 

清心女子高校とは

生徒一人ひとりを温かく見つめ、将来の進むべき道を探しながら、
女性として生きる力を身につけていく教育を進めています。

 清心女子高校の母体となる学校法人大谷学園は創設者である大谷高子先生が第二次世界大戦後の混乱期に“女性の生活向上こそ新生日本創造の基本である”という信念のもとに、昭和22年、横浜ドレスメーカー女学院を設立したのが始まりです。その後、時代の変化に合わせて、昭和35年、横浜女子専門学校(現・横浜高等教育専門学校)、昭和43年に本校を設立し、一貫して女子教育を中心とした人格の陶冶と情操の涵養、職能開発教育に貢献してきました。そして、その志は現在も校訓と5つのコースに引き継がれています。
 一人でも多くの生徒が希望する進路を実現し、これからの社会を支える女性として羽ばたいていくように、生徒一人ひとりを温かく見守っていきます。

 

    校 訓
  清潔  Cleanliness
  愛情  Affection
  誠意  Sincerity
  感謝  Appreciation
  努力  Effort

 



image2  

校章の由来

 古鏡をかたどった八弁の花の形の中に校訓である「清潔」「愛情」「誠意」「感謝」「努力」を表す「清心」の二文字と「高校」を表す「高」をあしらっています。これは本校の創立以来の建学の精神、女性の特性を育成することを表しています。
 古鏡には2つの意味があり、第一に朝夕よく磨き常に清潔を保つこと。つまり学問や技芸においての努力を怠らないことを示しています。第二に、虚飾を排し真実を映し出す鏡は、誠意そのものを表しています。常に校訓を意識して、謙虚に、自分自信を磨く。本校生徒の学びのあり方を示しています。


image2  

校長あいさつ
夢の実現を応援します。

校長 永野多嘉子

 “豊かな愛情をもって他人を思いやり、家族をはじめ周囲の人々への感謝の気持ちを忘れず、常に努力を怠らない” 創立以来本校ではこうした女性を育てることを教育の基本としてきました。
 人はひとりで生きているのではなく、お互いに支え合って生きている、ということを自覚し、信頼され、必要とされる人に育ってほしいと心から願っています。
夢を持ち、その夢を実現させるための道を一生懸命探す皆さんを私達皆で応援します。
充実した、楽しい高校生活を送れるように一緒に頑張りましょう!


image2  

沿 革
学校法人大谷学園と清心女子高校の歩み

昭和22年4月   女性の社会進出を企図した大谷高子が、現在の大谷学園の母体である横浜ドレスメーカー女学院を設立。
昭和24年10月   財団法人化。
昭和26年3月   財団法人を学校法人大谷学園に改組。理事長に大谷高子就任。
昭和31年4月   大谷学園幼稚園創立。
昭和35年4月   横浜女子専門学校(現横浜高等教育専門学校)創立。
昭和43年4月   女子教育の地歩を固めるべく、清心女子高等学校創立。創立者大谷高子は理事長として、また清心女子高等学校初代校長に就任。
昭和49年4月   大谷学園理事長に大谷卓郎就任。
昭和61年4月   二代校長大谷卓郎就任。
平成元年7月   大谷学園理事長に大谷蓉子就任。
平成元年9月   三代校長本間正男就任。
平成5年4月   四代校長大見川源吾就任。
平成10年4月   五代校長押尾慶子就任。
平成14年4月   普通科の中に普通コース、保育コース、福祉コース、通信コースの4コースを設置。
平成18年4月   ライフデザインコースを開設。
平成20年8月   六代校長永野多嘉子就任。

 


image   制 服
誰からも好まれる爽やかなデザイン。

 トラッドな感覚に包まれた冬制服は、紺のブレザーとグレンチェックのスカートとの組み合わせです。ブレザーの胸ポケットには清心女子高等学校の“S”をデザインしたエンブレム、ブラウスの袖にも“S”の刺繍が施されています。
 夏制服は白のベストとブラウス、紺のスカートの組み合わせで、ブラウスの肩には学年ごとに色の異なる“S”の刺繍があります。
 爽やかなシルエットが誰からも好まれるデザインです。


アクセスマップ



大きな地図で見る 交通アクセス

image
↑ クリックしますとPDFがダウンロード出来ます ↑
 

Copyright(c) Ootani Gakuen. All Rights Reserved.